menu

太陽光発電の0円サービスとは | 太陽光発電マガジン

HOME » 太陽光発電マガジン » 太陽光発電の0円サービスとは

太陽光発電の0円サービスとは

太陽光発電システムを導入する際、「初期費用0円サービス」という内容を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
しかし、本当に0円で導入できるのでしょうか。
初期費用を回収するまでのシミュレーション方法も紹介します。

太陽光発電システムを扱っている会社の中には「初期費用0円サービス」といった内容で営業を行うところがあります。
しかし、このサービスは太陽光発電のソーラーローンを組むなど一定の回収期間が必要です。
最終的に、電力を売ることによる資金の回収ができるのだろうかと不安に感じる方も多いのではないでしょうか。
この様なサービスは、「現段階の資金が0円であっても太陽光発電システムの設置が可能」といった意味です。
つまり、太陽光発電システムの設置が0円という事ではありません。

太陽光発電は、固定価格買取制度が適応され、設置から20年間は安定した価格で電力を買い取って貰う事が可能です。
そのため、一定の収入は見込めます。
この収入から、ソーラーローンを返済する事ができるでしょう。
ソーラーローンを組む際には審査が行われるため、初期費用0円というサービスも審査に通過しなければ受けることができません。

太陽光発電の固定価格買取制度とは、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーの導入を進めるために国が定める制度です。
一定期間の電力の買い取り金額を国が保証しているもの。
10kW以上の太陽光発電システムの場合は、20年間に渡り電力を売った際の収入が見込めます。
ただし、買取り期間は家庭用の10kW未満の太陽光発電システムの場合で10年間、10kW以上の産業用太陽光発電システムで20年間です。
3年ごとに価格が変動します。

太陽光発電システムの融資を受ける場合、低金利であることが特徴です。
電力を売ることによる収入が見込める事によって、金融機関も1〜4%程の金利で融資をしているケースが多いでしょう。
ソーラーローンは、各ローンの中でも審査に通りやすいため、担保も必要ないことも魅力です。