menu

太陽光発電の初期費用内訳 | 太陽光発電マガジン

HOME » 太陽光発電マガジン » 太陽光発電の初期費用内訳

太陽光発電の初期費用内訳

太陽光発電システムの投資を検討している場合、気になるポイントは初期費用の金額ではないでしょうか。
太陽光発電システムの初期費用は、設置するソーラーシステムの大きさで異なります。
家庭用の太陽光発電システムであれば、およそ100万円〜高くても200万円ほどです。
メンテナンス費用は1年で1万円ほどとなります。
ソーラーパネルの設置工事費、電気工事、パワーコンディショナーなどの費用が含まれます。

太陽光発電システムを導入する場所が決定しているようであれば、シミュレーションを行ってソーラーパネルの種類やメーカーなどを比較すると、具体的な初期費用の金額が見えてくるでしょう。
産業用の太陽光発電システムは、kW数によって異なります。
50kW以上の場合には、別途電力会社との契約を行わなければならず、初期費用も高くなるのです。
そのため、投資初心者は50kW未満の太陽光発電システムの導入を検討しましょう。

太陽光発電システムを設置する土地がない、土地はあるけれど太陽光発電に適した天候ではない場所であるという場合、導入をしても初期費用を回収できない場合があります。
このような場合には、土地付きの太陽光発電システムに投資を行う方法がおすすめです。
投資資金、利回りなどが分かっている状態で投資ができるため、実際に導入せずに利益を得る事ができる太陽光発電システムを探すことができます。

ソーラーローンを組み、低金利である程度安定する収入を見込めるとしても、初期費用の回収はスムーズに行いたいものです。
しかし、スムーズに回収することを意識しすぎてしまい、返済計画を立てられていないローンを組んでしまう事も問題です。
ローンの返済費用が電力を売った際の収益を上回るようであれば、投資は失敗です。
そのため、入念なシミュレーションを行いましょう。
導入する太陽光発電システムによって、何年で初期費用を回収する事ができるのか、計画を立てる事が大切です。