menu

太陽光発電を新築に設置する際の注意点 | 太陽光発電マガジン

HOME » 太陽光発電マガジン » 太陽光発電を新築に設置する際の注意点

太陽光発電を新築に設置する際の注意点

近年、新築で太陽光発電システムを導入する家庭が増えています。
現段階で、新築での太陽光発電システム導入率はおよそ30%です。
今後、新築の家の半分以上は太陽光発電システムを設置するのではと予想されています。
しかし、新築だからこそ注意をしなければならない部分もあります。
それは、新築の場合は既築の住宅と比較をすると、太陽光発電システムの設置が難しいという事です。

まずは、太陽光発電システムの設置をどこに依頼するのかとういう問題です。
家を建てる工務店などに太陽光発電システムの設置も依頼する、もしくは太陽光発電システムのみ他の業者に依頼をするという2択になります。
ただし、工務店の場合は太陽光発電システムそのものに対する知識がほとんどありません。
家を建てる事が専門であるため、当然です。
中には太陽光発電システムの提案を行う工務店もありますが、極めて少ないでしょう。
工務店から太陽光発電システム設置を提案される場合、2つのケースがあります。
1つは、工務店と太陽光発電設置業者の2か所の仲介手数料がかかるため、一般の太陽光発電システム設置よりも高額になる場合があるのです。
優良な工務店の場合は、工務店の仲介手数料は取らず適正な価格で提案するというケースです。
工務店の仲介手数料が高くなりがちであるため、注意が必要でしょう。

新築に太陽光発電システムを設置する場合、配線や配管の問題が浮上します。
早い段階で検討を始めなければ、施工業者にとって非常に面倒なことになるのです。
そのため、新築で太陽光発電システムを導入する場合には早い段階で決定しましょう。

また、太陽光発電システムの設置には大工さんの足場を借りたり、家を建てている場所に入らなければなりません。
そのため、設置工事を行う業者と大工さんとのコミュニケーションの問題もあります。
これも、新築に太陽光発電システムを設置することが、業界では「面倒な事」とされている理由の1つです。