menu

太陽光発電の価格の見方 | 太陽光発電マガジン

HOME » 太陽光発電マガジン » 太陽光発電の価格の見方

太陽光発電の価格の見方

太陽光発電システムを導入する際、重要になるのは価格です。
価格が安い方がお得であると考える方が多いでしょう。
しかし、実際には、見積もり価格だけで判断できないのです。

太陽光発電各社のメーカーの特徴の比較をする事が大切です。


基本的に、見積書の合計金額から「お得」「お得ではない」と判断してしまいます。
当然、合計金額が少なければお得であると考えるでしょう。
沢山の見積もりを取り寄せても、しっかりと見積もりの内容を理解できるようになっていなければ意味がありません。
太陽光発電システムの価格は、詳しくない方には分かりにくい部分があるのです。
太陽光発電の価格に関して、内容を理解した上で損をしないように工事を行ってください。

太陽光発電システムを導入するにあたって、設置するために必要な費用は、ソーラーパネル・ソーラーパネルを置く土台・パワーコンディショナー・ケーブルなどの部分機器の代金が必要です。
他にも、工事を行うための人件費、諸経費がかかります。
この3つのポイントは、見積書のどの部分に入っているのかを確認してみてください。
他の会社と比較をする場合、まずはこの3つの金額を比べましょう。
太陽光発電システムを扱う会社が出す見積書は、値引き金額が記載されています。
しかし、値引き金額は合計金額から引かれているはずです。
そのため、どの部分がいくら値引きされたのか分からないようになっています。
そのため、いくつかの会社の見積もりを比べたいと考えていても、内容を正しく比べることができていないケースが多いのです。

太陽光発電システムを扱う会社が提示してきた見積もりの内容が適正であるかどうかを見極める方法があります。
それは、1kWあたりの単価で見るという方法です。
太陽光発電システムは、設置容量であるkW数と発電量(kWh)が比例します。
さらに、発電量(kWh)が多いと、家庭で使用する電気代を節約したり、電力を売った際の値段が上がります。
太陽光発電システムは設置容量であるkW数が大きいほど、収入やメリットが多くなるのです。