menu

太陽光発電パネルを設置する際のポイント | 太陽光発電マガジン

HOME » 太陽光発電マガジン » 太陽光発電パネルを設置する際のポイント

太陽光発電パネルを設置する際のポイント

太陽光発電システムを設置する場合、ソーラーパネルやパワーコンディショナーなどの設置費用はいくらになるのか、その価格によって導入を検討するという方も多いのではないでしょうか。
太陽光発電システムの設置を行う施工会社が登録する「ソーラーパートナーズ」で、最も人気のあるメーカーでソーラーパネルを買った場合のシミュレーションを紹介します。

電力の生産量や、電力を売った際の収入額、初期費用は何年で回収できるのかという3点が重要なポイントです。
パナソニックのソーラーパネルの場合、6.18kW、約175万円です。
回収できるまでの年数は約8年 、20年間設置を続けた場合の利益は93.5万円となります。
ただし、電力を生産できる量や設置費用については、屋根の形などによっても異なります。
各家庭によって異なるため、正確な数字を出す場合には実際に見積もりを依頼しましょう。
重要な点は、太陽光発電のソーラーパネルなどを導入した費用は回収できるというデータです。
また、押さえておきたい部分はメンテナンス費用を引いても利益があるということ。
太陽光発電は、導入費用の回収のみではなく収入にもなり得るという事です。

導入費用を捻出できないという場合には、ソーラーパネルの設置に役立つソーラーローンの申し込みも検討しましょう。
太陽光発電システムのためのローンであるソーラーローンを利用すると、初期費用がかからない場合もあります。
使って設置をすると、初期費用0円・ローン支払い無しで設置することも可能です。
ソーラーローンで太陽光発電システムを設置した場合、ローンの利息を支払う事になります。
しかし、ローンの利息を支払った場合であっても、収入になるという事です。
当然、ソーラーローンであっても100%収入を得る事ができるわけではありません。
初期費用がかからないローンもあり、ローンの支払いは太陽光発電システムによって生産した電力を売った収入や節約できた電気代などでカバーできるという事を認識しておきましょう。